ドラマ

【無料見逃し配信】シェフは名探偵の公式動画を1話~最終回まで全話視聴する方法!出演キャストや再放送状況も紹介!

【無料見逃し配信】シェフは名探偵の公式動画を1話~最終回まで全話視聴する方法!出演キャストや再放送状況も紹介!

この記事では、ドラマ「シェフは名探偵」の見逃し動画を無料で視聴する方法を紹介しています。

この記事でこんな疑問が解決!

ドラマ「シェフは名探偵」を見逃してしまった。再放送や見逃し配信はあるの?

ドラマ「シェフは名探偵」の無料動画を今すぐ全話視聴したい!

ドラマ「シェフは名探偵」のフル動画を安全かつ広告なしで見たい!

ドラマ「シェフは名探偵」の公式見逃し配信動画を無料フル視聴する方法

【無料見逃し配信】シェフは名探偵の公式動画を1話~最終回まで全話視聴する方法!出演キャストや再放送状況も紹介!

ドラマ「シェフは名探偵」の見逃し配信動画を1話から最終回まで全話フルで視聴できるサービスはParavi(パラビ)だけです。

今なら2週間無料トライアル中なので、ドラマ「シェフは名探偵」が全話無料で見れちゃうのはもちろん、他にも、TBSの話題のドラマやテレビ東京の大人気バラエティなど、山ほどの動画が無料で楽しめちゃうんです♪

タダで動画が見放題って凄すぎる…!

\話題沸騰中のドラマが見放題/

※2週間以内の解約→0円

※ドラマ「シェフは名探偵」の見逃し動画は、正確には放送後1週間に限りTVer(ティーバー)とGYAO!でも最新話だけが配信されていますが、広告とCMが頻繁に表示されるためParaviで快適に視聴するのが最もおすすめです!

ドラマ「シェフは名探偵」の動画配信状況まとめ

ドラマ「シェフは名探偵」の見逃し配信をしている動画配信サービス一覧はコチラ!

動画配信サービス 配信状況
Paravi ◎(独占配信)
TVer △(放送後1週間のみ)
U-NEXT ×
TSUTAYA TV ×
Hulu ×
TELASA ×
FOD PREMIUM ×
ABEMA TV ×
auスマートパス ×
Amazonプライムビデオ ×
Netflix ×
dTV ×

上記の表のとおり、ドラマ「シェフは名探偵」はParaviだけの独占配信ですので、シェフは名探偵を見たい方はParaviで今すぐサクッと視聴しちゃいましょう。

\シェフは名探偵を独占無料配信中/

 

※2週間以内の解約→0円

 

▼Paraviの登録方法と解約方法はこちら▼

 

Paraviの登録方法【図解】
  1. Paraviの公式サイトへアクセス
  2. 「まずは2週間無料体験」ボタンをクリック。
  3. 「メールアドレスでアカウント作成」をクリック。
    ※「Yahoo!ID」「Facebook」「Twiter」「Google」「日経ID」のアカウントを使ってもOK。
  4. 「お名前」を入力。
  5. 「メールアドレス」を入力し、「PINコードを送信」をクリック
  6. 登録したメール宛に送られてくる「PINコード」を確認し、入力。
  7. 好きな「パスワード」と「生年月日」「性別」を選択。
  8. 「支払い方法」を選択。
  9. 利用規約に同意し、登録ボタンをクリック。
  10. 以下の画面が表示されたら登録完了。
Paraviの解約方法【図解】
  1. Paraviのサイトの右上に表示されている「メニューバー」をクリック。
  2. 「アカウント情報」をクリック。
  3. 「契約プランの確認・解約」をクリック。
  4. 「プランの解約」をクリック
  5. 表示画面を下にスクロールし「解約を続ける」をクリック。
  6. 解約する前に契約内容を確認。
  7. 任意でアンケートに回答し、画面最下部の「解約する」をクリック。
  8. 以下の画面が表示されたら解約完了。

Paraviの特徴

Paraviの特徴をまとめると以下のとおりです。

項目 内容
月額料金 1017円(税込)
無料お試し期間 2週間
動画配信数 非公開
付与ポイント 500円分チケット
(無料期間中はなし)
複数アカウント利用 5台まで
代表的な視聴可能作品 TBS系列ドラマ/バラエティ
韓国ドラマ
映画
アニメ …などその他多数

ドラマ「シェフは名探偵」以外にも、ここでしか見られない人気ドラマやバラエティなど独占配信作品が多数配信されています。

Paravi5つのメリット
  1. 2週間の無料トライアル中!
  2. 期間中の解約なら0円!
  3. TBS系列のドラマやバラエティなど独占配信多数!
  4. 放送中のドラマのオリジナル・スピンオフ作品が見れる!
  5. 1アカウントだけで5台の端末で利用できちゃう!

まず無料お試しで使ってみて、もし合わなくても無料で解約できるので安心ですね♪

[/ac-box01]

\独占無料配信中/

※2週間以内の解約→0円

ドラマ「シェフは名探偵」再放送情報

「シェフは名探偵の放送を見逃してしまった」「シェフは名探偵の放送をもう一度見たい」という方のためにドラマ「シェフは名探偵」の再放送が放送されているのか?放送されているなら、いつ何時から放送されるのかを以下の情報源から調べました!

TBS番組表 ×
TBSチャンネル ×
ドラマ公式サイト ×
ザテレビジョン ×

シェフは名探偵の再放送情報
  • シェフは名探偵1話:×
  • シェフは名探偵2話:×
  • シェフは名探偵3話:×
  • シェフは名探偵4話:×
  • シェフは名探偵5話:×
  • シェフは名探偵6話:×
  • シェフは名探偵7話:×
  • シェフは名探偵8話:×
  • シェフは名探偵9話最終話:×

ドラマ「シェフは名探偵」の再放送は現在は放送されていないようです。現在放送中のドラマの中には地上波の深夜帯に再放送が実施されていることもあるのですが、シェフは名探偵は再放送しておりません。

再放送を待つとなると早くても数年先になってしまうので、Paraviでさくっと見逃し配信動画を見ちゃいましょう。

\独占無料配信中/

※2週間以内の解約→0円

ドラマ「シェフは名探偵」のあらすじ&感想

ドラマ「シェフは名探偵」のあらすじと感想を紹介していきます。

シェフは名探偵1話【5月31日(月)放送】

1話あらすじ

西島秀俊さん演じる三船シェフが料理を提供するフレンチレストラン。その店に、濱田岳さん演じる高築が来店する。メニューを見ないでアラカルトの注文をし終えて食事をする。食後に三船さんがバンショー(ホット赤ワイン)をご馳走すると、彼にご苦労様でした!と、話しかけ1年近く前に職場の度量の人と来店されたことを覚えており、今回服の汚れや荷物から退職されたことを読み取り語り掛けると「次の職場は決まっていますか?うちで働きませんか?」と声をかける。覚えていてくれたことに驚きながらリストラされたことを打ち明けると、矢継ぎ早に話されギャルソンに誘われ、握手を求められて高築は働くことになる。その夜、1組のカップルが料理をお任せで注文すると、粕谷という男性がダメ出しをする。そして三船シェフは料理をシンプルなものに切り替えると、美味しいと言われ度々来店されるようになった。すると、今度はチョコレートの味が料理を台無しにしていると言われ、味見をすると原料がわずかに変わっていることに気付かされる。粕谷さんは常連になってくれて、何度か来店されるようになり、ある日女性がピアスを落とし取りに戻ると、手間暇かけた料理を食べ粕谷さんの奥様の料理は手抜きということで、彼に秘書だがアプローチすることを考えるが、三船シェフは応援できないという。彼女の話を聞いて、奥さんが変色の粕谷さんに出来る限り栄養価の高い状態で、食事を作っていたことを推理していた。チョコレートのクレームはチョコ職人の人だったが、妹と来店して喧嘩別れになってしまう。母を見まいに来ない兄に失望する妹に、兄の創ったチョコレートをご馳走する。そして兄の考えを推理して、妹に語っていると兄が店に戻ってきて、お見舞いに行く。そして高築を魅せに誘った理由は、ラーメン屋のバイト時代のオーダーを様々に聞いて記憶した能力を評価したからだと告げた。

→GYAOで動画を検索する

→TVerで動画を検索する

→YouTubeで動画を検索する

1話感想

三船シェフの記憶力の良さ、オープンキッチンだから客席が見えることもあり、今回の粕谷さまの来店時の指輪をしているときとしていない時の違い、奥さんの手料理がした処理がされていないことは、偏食の夫を気遣って最大限の栄養化の高い状態で食卓に出していることを、話から推理していく静かで優しく、笑顔を持って語っていくシーンに必ず襟に巻いたスカーフを触りながら語る姿が魅力的でした。秘書の女性は、愛情がない手抜き料理だと思っていたものが、実は最高のご馳走だったという愛情のこもった料理。そして、チョコレート職人さんの店で、チョコレートを試しに買ってくると全て素数で出来たパック売り。兄いもとに、シングルマザーの母がお土産に時々買ってくれるチョコレートは偶数で、「二人で食べなさい!」と食べさせてくれていたものを職人になり、余りが出るようにし母を思っての詰め合わせにしていることを推理した、心温まるヒューマンストーリーも良かったです。

シェフは名探偵2話【6月14日(月)放送】

2話あらすじ

フレンチレストラン(ビストロ・パ・マル)で、シェフの三船忍(西島秀俊)とスーシェフの副料理長の志村洋二(神尾佑)とソムリエの金子ゆき(石井杏奈)とつい先日に入ってきたギャルソンの高築智行(濱田岳)いつものようにお客様に美味しい料理を作っていた。
ある日、常連客の御木本遥から予約の電話があり、メインは、ガチョウの肉を作ったコンフィのカスレという料理を希望され、同席した人気エッセリストの寺門小雪が、ガチョウの肉の料理をリクエストしたらしいが、どうしてガチョウの肉の料理なのかが?気になっていた三船シェフだった。
ある日、いつもように仕事をしていた三船シェフたちの前に、大島というお客さんと恋人である杏子が二人で、仲良く食事をしている時、大島が杏子にプロポーズをした。
プロポーズは、無事成功したが、トラブルが巻き込まれてしまった。さて、三船シェフ一体どんな推理を出すのですか?
後、お客さんを助け出せるのか?

2話感想

三船シェフが、来てくれるお客さんに笑顔でお礼を言う所が優しくていい人に見えました。
まかない料理もどれも美味しそうです。
レストランの中で、プロポーズをするなんて、とてもロマンチッキです。
ガチョウの肉の料理が出てきた所が美味しそうに見えました。
三船シェフが、困っていたお客さんに優しく接する所が、素晴らしかったです。
金子ゆきの俳句も笑います。
出てくる料理がどれも美味しそうに見えました。
三船シェフが、来てくれるお客さんに、ヴァン・ショー(ホットワイン)を出すところもたくましかったです。
三船シェフが、謎を解説した時、お客さんが少し気を抜いた時の顔が、良かったと感じました。
大島の婚約者役の山下リオさんの演技が素晴らしかったです。
パリのガチョウの料理がどんな味か気になりました。
三船シェフ役の西島秀俊さんは、まんまシェフに見え、料理をするところがかっこよかったです。
出てくる登場人物もコミカルで、笑います。

シェフは名探偵3話【6月21日(月)放送】

3話あらすじ

いつもようにレストランパ・マルで、働いている三船シェフ達。
ある日、三船シェフの前に、ブリヤベーが大好物な女性新城鈴加(映美くらら)がやってきて、三船シェフに作ってもらった。
ブリヤベースを食べたその後、新城は、三船シェフに告白をされてしまった。
驚いた三船シェフは、一体どんな言葉を返すのか?
そして、みんなが、仕事を終わり、まかないを食べていた時、志村シェフ(神尾佑)の麻美(シルビア・グラブ)が、現れて、レストランで、シャンソンライブを開いてくれた。
二人が思い出した事が、二人で初めて作ったガレットデロワのことで話し合いが始めり、12年前の語学留学でリヨン滞在していた麻美は、アパレルマンの大家の息子ティエリーがいたガレットデロワワにフェーヴに入れたのは、麻美本人だった。
しかし、フェーヴが何処にも見つからず、誰も王になるのは、なかった。
その夜、志村シェフと麻美は、夫婦喧嘩を始めてしまった。三船シェフどうなるの?

3話感想

新城鈴加(映美くらら)が、ブリヤベースを美味しそうに食べている所を見ると、本当に好物なんだなぁと感じました。
まさか、三船シェフに告白するとは、思いもしませんでした。
でも、本当に三船シェフのことが好きなんだぁと思いました。
その場にいた志村シェフ達が、驚いたかが笑いました。
店の閉めて、みんなが三船シェフの作るまかないを美味しそうに、食べている所をみると幸せな感じがしました。
志村シェフの妻麻美が、店に入ってきたシーンを見るとまるで、歌手のトップスターが来店したかのように見えて素敵でした。
レストランで、麻美がライブを始めた時、麻美の歌声が、とても美しかったです。
志村シェフと麻美が夫婦喧嘩を始めた時、もしかして、離婚すると思いました。
ガレットデロワが、美味しそうに、見えました。
三船シェフが、新城に本当の気持ちを伝えたシーンは、立派でした。
志村シェフが、麻美と仲直りをしたところが良かったと感じました。

シェフは名探偵4話【6月28日(月)放送】

4話あらすじ

「パ・マル」では、客がわざとワイングラスを落として、高築に難癖をつけていました。自分は間違っていないと感じた高築は非を認めず、たまりかねた志村が謝ります。その後、三舟と志村の昔の同僚だった南野が来店していて、自分がオーナーシェフとして出店したと笑顔で報告をします。しかし、外まで見送った高築には「ここには負けない料理を出すよ。料理人としてのプライドだ」と冷たい顔で言って帰りました。高築がSNSで店の悪い評判を見つけて騒ぎますが、三舟は「その人はそう思ったんだろぅ」とケロッとしていました。その後、南野のお店に出資している人の娘が訪れ、注文品の風味の違いを口にしていました。また、リヨン時代の修行仲間だった鈴子と彼女の店で働くパティシエの彩香が訪れます。時々見かけていたある女性が、三舟の元にやってきました。後で聞くと、探偵を雇って失踪した父親を捜していると言います。その後、鈴子が彩香が居なくなって、彼女からマカロンと「マカロンはマカロン」というメッセージを送ってきていて、三舟に相談に来ました。三舟はそれらを読み解き、彼女はトランスジェンダーではないかと言います。金子も「同性愛者なのを伝えても、三舟シェフらは態度が全然変わらなかった。」と鈴子に伝えます。鈴子も彼女を待つと納得して帰って行きました。南野が怒りながら店に来ました。自分の店の悪い書き込みが三舟の仕業だと勘違いしていました。そして、三舟に「料理人として客が望まない物を出しているのは間違っている。」と説かれ、金子が店のSNSに初めて投稿した三舟の文章を見せます。南野の店を応援する書き込みでした。反省した南野は、出て行った三舟を追いかけて行きました。

4話感想

高築のお客に対する頑なな態度は、ちょっと信じられず、志村がフォローに入らなければどうなっていたかとハラハラしました。さしてやたら「料理人としてのプライド」を気にしていた高築ですが、三舟はプライドがないのではなくて、懐が広いのでは?と思えました。昔の修行仲間の味で三舟の事を気づく鈴子の舌には驚きました。しかし、彩香の事を読み解く事ができなかったのは少し残念でした。でも三舟の助言のお陰で、彩香の悩みに気づいてあげられて良かったです。この時の金子の告白も胸を撃ち、色々な人がその人なりの無理をしないで生きていける環境作りも大切だなぁと思いました。彩香もさすがパティシエ、マカロンで表現するなんてセンスありすぎです。志村が最後に言った三舟に対して「大事なことは間違わない人」だという言葉は、とても納得できました。色々な経験を経て、高築は理不尽だったお客にも謝る事ができて、みんなどんどん進化していく様子がとても素晴らしいです。

シェフは名探偵5話【7月5日(月)放送】

5話あらすじ

「パ・マル」では、ソムリエの金子ゆき(石井杏奈)が、九州へ転勤した恋人を追いかけるため辞めてしまいました。シェフの三舟忍(西島秀俊)が自分には何も言ってくれない事や、金子を引き留めなかったと聞いたギャルソンの高築智行(濱田岳)は、シェフの態度に不満を持ちます。ソムリエの金子が不在で多忙な店にオーナーが手伝いに来ますが、店の雰囲気と合わない接客やオーダーミスで店は更に忙しくなりました。
そんな中以前は月に1度通っていて離婚後足が遠のいていた元常連の館野が来店して再婚すると話します。初めは息子の手前再婚をためらっていたが、何故か息子が彼に懐いたので決断できたと嬉しそうに話す彼女に、シェフとスーシェフの志村洋二(神尾佑)は心から喜びました。館野は息子の誕生日に3人で来店する、と話しました。
一方2日連続来店した脇田(利重剛)は、妻の由美子(洞口依子)が家出をしたきり返ってこず、電話も繋がらないし手紙を書いたのに返事も来ない、と落ち込んでいます。妻は家出の直前まで普通で理由が思い当たらないという脇田の話を聞いて、シェフはある仮説を思いつきました。

5話感想

ワインの知識が豊富なのはもちろん、客の様子や店全体に常に目配りしていた優秀なソムリエが居なくなり、単に頭数ではなく店の雰囲気まで変わってしまった「パ・マル」の様子に、店員さんたちの阿吽の呼吸というか調和も大切、と感じました。ギャルソンがソムリエを引き留めなかったことに納得出来ずシェフに不満を持っている様子を察し、スーシェフはちゃんとフォローに入ります。そんなところにもこの店が落ち着いた暖かな雰囲気である理由があるのでしょう。
母親の再婚相手と思春期の男の子が仲良くなった秘密も、シェフの名推理で明らかになりました。それはプラモデル好きの少年が、高校の先生である再婚相手と骨格標本を作って親しくなったこと、でした。その材料がフライドチキンの骨だったり、実際に食べた魚の骨だったりというところは不気味に思いましたが、男同士ってそんなものなのでしょうか。再婚相手が背伸びをせず、自分の得意分野を通して仲良くなろうとしたことが、少年の気持ちを和ませ仲良くなったのかもしれませんね。
一方家出した妻は「夫が話を聞いていなかったこと」が原因で家出していました。2か所の地域で搾乳した乳を使ったされたチーズは、それだけで食べても十分美味しい。でもジャムをつけて食べるともっと美味しい。その意外性と美味しさを夫と分かち合おうと思ったのに、妻の話を全く聞かず、夫はジャムを人に上げてしまいました。一緒に暮らすうちに別に関心が無くなる訳ではなくても互いの話を聞かなくなるのは良くあることですが、家出の原因には心から納得し共感しました。
シェフは妻と同じ「ジャムとチーズ」を夫に出し、2つを合わせると美味になる(単独では意味がない)と伝えて夫もその意図を理解します。家に戻って店へ夫を探しに来た妻と一緒にチーズを食べるシーンには長い間一緒に居る夫婦の「空気感」があります。夫婦役の利重剛さん、洞口依子さんの飾らない様子が役柄と話の内容と合っていて、とても素敵でした。

シェフは名探偵6話【7月12日(月)放送】

6話あらすじ

「ビストロ パ・マル」に常連客の西田(新納慎也)が婚約者の串本法子(真飛聖)を連れて来店しました。串本は小劇団の人気女優で、中良さそうに食事をする2人はとても幸せそうに見えます。しかし2人を見送ったソムリエの金子ゆき(石井杏奈)は、店の外に立っている若い女性を見かけ、不審に思いました。一方店内にはシェフの三舟忍(西島秀俊)がフランス修行中に同宿だった川本淳吾の姿もあり、三舟が作るホットワイン「ヴァン・ショー」に纏わる思い出話が語られます。
別の日三舟は来店した西田から、店に深夜灯が付いていたと聞いて不審に思い、防犯カメラを確認します。するとギャルソンの高築智行(濱田岳)が無人の店内に忍び込んでいく様子が残っていました。
その後西田は男性3人で来店しましたが、ワイン好きの彼が炭酸水を頼む様子を見て、金子、スーシェフの志村洋二(神尾佑)と高築は彼の体調を心配します。西田は体調が悪いのは、串本が作った本格フレンチを食べ過ぎたからだと言い幸せそうな様子でした。しかしシェフは出されたメニューを聞くと不思議そうな顔をしました。

6話感想

フランス時代のシェフの知人川本によれば、バンショーは当時2人が住んでいたドミトリーのマダム秘伝のレシピだそうです。地元で評判だったレシピをマダムは誰にも教えなかったそうですが、シェフがマダムが娘の夫(日本人)にこのバンショーを勧めた時に、彼がこっそり捨ててしまったことにショックを受けていたところ、シェフの名推理?で婿に対する誤解が解け、感謝のしるしとしてレシピを教わったそうです。若いころから名探偵だったことを伺わせる面白い逸話です。
それにしてもフランス人は子供のころからワインを水代わりに飲むから、アルコールを受け付けない体質の人間が居る(日本人には特に多いそうです)ことに気が付かない、なんてちょっと横暴かなあ…。一方ホットワインとはいえ殆どアルコールが飛んでいる飲み物を、一口も飲まずに捨ててしまう婿もどうかと思います。彼の気配りがマダムを余計に傷つけたのでしょうが、2人の間に確執が残らなければよいと思います。
そんな曰くつきのレシピなら、高築が知りたがってもシェフが教えないのも分かります。その後閉店後に高築が店に侵入し、シェフがレシピを盗もうとした?と高築に不審を抱きました。でも高築は、自分が大好きで尊敬しているシェフのバンショーを母親に飲ませたかっただけなんですね。いつか夢を実現した高築が自分の店を持つとき、シェフからレシピを教えてもらえたら素敵だなあと思いました。
そして宝塚女優?を思わせる女優とその彼を巡る謎には、熱心過ぎるファンが関係していました。シェフは女優が振舞ったというタルトタタンの様子を聞いて、女優が作ったのではないと気付きます。そしてファンの女性が彼を苦しめようと料理に下剤を仕込んだと看破しました。それを知った女優がファンの彼女に自分が引退を決意した経緯を切々と訴えるシーンがとても素敵でした。
名探偵のシェフも見破れなかった高築の秘密は、気持ちが温かくなるようなエピソードでした。一方スーシェフはまた奥さんとケンカし家出しているようで、奥さんはソムリエに恐怖のメッセージを託します。スーシェフの怯えた様子やそれを見守る3人が面白かったです。仲が良いこの4人のチームが長く見られると良いなあとしみじみ思いました。

シェフは名探偵7話【7月19日(月)放送】

7話あらすじ

「ビストロ パ・マル」で友人の誕生会を開く予定の山下嗣麻子(宮下かな子)が、会食を前にワインを持って来店しました。ソムリエの金子(石井杏奈)が見ると、持ち込まれたワインはどれも若い女性には不釣り合いな高級品ばかりで驚きます。
お嬢様らしい嗣麻子ですが、会の当日店に集まった仲間からは、彼女の行動にうんざりし寧ろ嫌っている様子が伺えました。中でも遥香(鞘師里保)は特に嗣麻子を嫌っているようです。
その嗣麻子は会計の際、ギャルソンの高築(濱田岳)に奇妙なことを頼みました。
ある日店に予約の電話が入り、その内容は牛肉のタルタルステーキを提供しているか否か、を尋ねるもので、更に提供するだけでなく、当日はメニューに載せるよう依頼する変わった内容です。その後シェフがに「タルタルステーキは置いてあるか」と尋ねる和服を着た女性・緒方(熊谷真実)までが現れました。
遂に予約した「タルタルステーキの客」が現れ、3人連れの中にスーシェフの志村(神尾佑)は、マタニティーマークを付けた女性を見ました。そこでギャルソンに対し、妊婦に生肉は勧められないと話します。

7話感想

嗣麻子を嫌っているように見えた遥香は幼馴染みで、幼い頃虐められていた自分を助けてくれた嗣麻子を大切に思っていました。嗣麻子以外の仲間が早めに集合し遥香とお金のやり取りしたり、アラカルトをシェアして割り勘のこと、抜栓料の話などは仲間たちがお金持ちの嗣麻子に多めにお金を払わせようと考えていたのです。遥香は以前から嗣麻子が騙されていることに耐えられず、敢えて仲間から外れて貰おうとしていたのでした。
シェフが遥香の気持ちを嗣麻子に伝えたことで2人がまた親しくなれたようです。
タルタルステーキに関する話題では、妊婦さんが生肉を食べて感染する病気にかかってしまい、姑の緒方に叱られたくなくて、友人と相談した作戦でした。自分でもいつ感染したか解らない病気なら、姑のせいで罹ったことにすれば良心の呵責を感じてあまり叱られないだろう…これは卑怯です。タルタルステーキ好きで自分が食べているものを人に食べさせることが好きな姑の性格を見切った作戦でしたが、姑は嫁の病気に気付いてました。そしてシェフに事前に頼んで似た料理を用意して貰い、敢えて嫁が立てた作戦に乗り騙されたふりをしようと考えたようです。本当は騙されていて、怒ってもいい場面なのに自分が嫁に厳しすぎたと謝る態度が素敵でした。厳しくも優しい姑役の熊谷真実さんがこの役にぴったり合っていると思いました。そしてその姿に「親って凄い」と素直に感心するお嫁さんも素晴らしいです。これから何があってもこの2人で手を取り合って行けそう、と思わせます。
ピリッと推理を働かせ、おせっかいでも嫁姑の仲を仲介するシェフは相変わらず素敵でした。また料理は客が好きなものをおいしく食べればそれでよし、ではなく客の体調に合わせて敢えて好きなものを選択させないのも仕事、という姿勢を見せたスーシェフも、いつもの2枚目とは一味違ってカッコよかったです。

シェフは名探偵8話【7月26日(月)放送】

8話あらすじ

「ビストロ パ・マル」のシェフ三舟忍(西島秀俊)が行方不明の父を探すよう依頼していた探偵(橋本マナミ)に依頼していました。そして父の居所が解り、探偵が連れてくると約束したのです。しかし約束の日、探偵は父ではなく代理という安倍実花(奥貫薫)を連れて現れました。、父に娘のように可愛がってもらっているという安倍は、父の会うつもりはないという言葉を伝えます。三舟は理解を示しますが、スーシェフの志村(神尾佑)は憤慨し安倍に文句を付けます。 そんな中「パ・マル」オーナー・小倉大輔(佐藤寛太)が新しくカフェを併設したパン屋を始めると言い、三舟にカフェメニューの作成を手伝ってほしいと依頼します。店長の斎木(近藤笑菜)と副店長の中江(さとうほなみ)が試作品を持って現れますが、どのパンも本場フランスの味を再現したという自信作で、三舟たちも称賛します。メニューについて話始めると、本場の味にこだわりたいという中江に対し、斎木はメロンパンやパン・オレも置きたいと話し、2人の方向性の違いから険悪な雰囲気になってしまいました。ある日飛び込みで来店した大野和真(山本耕史)は、食事をしながらも中江が持ってきた試作品のブリオッシュを気にしていました。どうやら大野にはそのブリオッシュ・サンジュニに纏わる切ない思い出があるらしいのです。それは大野が留学中であった女性が分かれる際に渡したパンでした。その後ソムリエの金子(石井杏奈)はギャルソンの高築(濱田岳)に、オーナーが新規開店する店の近くには、昔ながらのパン屋があって名物はメロンパンとロールパンだと話します。オーナーが敢えて競合するその場所に出店するのは何故だろうと不思議がりますが、シェフは実業家であるオーナーは綿密にリサーチした上で開店を決めているはずだと言いました。

8話感想

安倍によると、三舟の父は今は農業をして暮らしており、今後も三舟に会うつもりはないそうです。三舟は自分が父親の誕生日に作った料理を食べた「パ・マル(悪くない)」と言ったことを思い出していました。父親のこの言葉と息子に会いたくないと考えていることには何か関連があるのか?気になりました。一方でスーシェフやギャルソンたちが安倍の言葉に憤慨する様子からは、シェフを大切に思う気持ちがにじみ出ており、この店のチームワークの良さを感じます。新規オープンする店の話では、副店長の中江が実はメロンパンが名物の店の娘だと明かされます。オーナーが市場調査をしていて客層が違うから、お互いの店の経営には影響しない、という話でしたが、本当にそうなのかなあと疑問に感じました。むしろ一度店を閉めようとした両親が再び店を開けても、新しい店にお客を取られて悔しい思いをし、父娘の間にひびが入るのではないでしょうか?それともそんなことは気にならない程この父娘の絆は固いのか?娘は果たして店を続けられるのか、気になりました。そしてブリオッシュに纏わる話では、このブリオッシュに乳がんであることや自分は病気に負けないというメッセージが込められていること、彼女も大野を大切に思ってきっと待っているというシェフの解説がありました。パンひとつにも伝説や思いが込められていると知ることができ、楽しかったです。ソムリエの発案で大野がSNSを通じてメッセージを送り、彼女と連絡を取ることができました。パ・マルの料理屋スタッフを通して色んな人の人生が交わる、深い余韻が残る物語でした。物語の最後に、三舟の父が使っていたという古いスツールが大破するシーンがありました。三舟父子の関係を暗示するようなシーンでとても気になっています。

シェフは名探偵9話最終回【8月2日(月)放送】

9話あらすじ

金子は安倍さんの自然食品のお店に行ってきていて、高築に「彼女はフランス料理を食べたいのでは?」と考えを話します。また、三舟は壊れていたスツールが無くなっていて慌てています。高築が要らないと思って捨てたのを聞き、三舟は飛び出します。それは子供のころ父から貰った物なのでした。そして高築は、志村や金子と一緒にスツールを探し始めますが、なかなか見つかりません。ある日、お店に乳製品アレルギーのある安倍から予約の電話が入ります。やってきた彼女は、昔パン屋をしていたと話し始めます。足の長い鳥の絵の入った陶器の鍋の事を尋ねてもいました。安倍は三舟との約束の1週間後に、その陶器の鍋を使った料理を食べにやってきました。食後に三舟は「フランス料理と和解できましたか?」と尋ねます。皮肉な事にフランス料理のシェフだった父親の料理が食べられなかった事や疎遠だった事を、安倍は後悔していました。三舟はそのペッコフの鍋はパン屋のカマドで使用する物なので、お父さんは当時のあなたと一緒に料理を作りたかったのでは?と推察します。安倍は父とのわだかまりの気持ちが解けていくのでした。彼女は帰り際に「英雄さんにもう一度会いに来るよう言ってみます」と言いました。その後スツールも無事探し出せ、ついに三舟の父親がお店にやってきました。二人はじっくりと会話をし、一緒に料理を作り打ち解けていきました。

9話感想

三舟のお父さんが言う「パ・マル」は、誉め言葉だったなんて、直訳した言葉と本当の意味とのズレが、大きな誤解を招いてしまって、それが長いわだかまりとなっていたのはとても残念でした。さらにそれが誤解だと三舟が気づいた時には、もうお父さんがどこに行ったか分からなくなっているなんて、タイミングが悪すぎます。店を潰してしまったという事実に、三舟のお父さんのプライドが相当に傷ついていたと思いました。料理を通して、安倍から英雄、英雄と三舟シェフと気持ちの動きがあったのが良かったです。生きているうちに再会できて、また料理の秘訣も聞くことができ、三舟自身が諦めずに父を探そうとした行動のたまものだと思いました。父からの「良いシェフになったなぁ」という言葉と、また父の料理姿を見つめる事ができたのは最高だったと思います。これからは三舟のお店にも、父の作った新鮮な野菜を取り入れられ、新しい親子関係が始まっていく様子が目に浮かびます。

ドラマの感想はyahoo!テレビGガイドでもご確認いただけます。

ドラマ「シェフは名探偵」の番組情報

作品名 シェフは名探偵
放送局 テレビ東京
放送開始 2021年5月31日
放送時間帯 23:06~(月曜日)
話数 全9話
原作 『タルト・タタンの夢』
『ヴァン・ショーをあなたに』
『マカロンはマカロン』
(近藤 史恵)
主題歌 all at once『マカロン』
⇒公式MVを視聴する
公式サイト ⇒公式サイト
⇒公式Twitter
⇒Wikipedia

ドラマ「シェフは名探偵」の出演キャスト情報

役名 キャスト出演者
三舟忍 西島秀俊
高築智行 濱田岳
志村洋二 神尾佑
金子ゆき 石井杏奈
小倉大輔 佐藤寛太(劇団EXILE)
上原美里 橋本マナミ

本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviでご確認ください。

Paraviは、今はまだ2週間の無料期間がありますが、この無料トライアルキャンペーンがいつ終わるかは不明です。少し前に1ヶ月間無料→2週間無料に無料期間が短縮されたことを踏まえると、いつ終わってもおかしくありません。

気になる作品がある方は今すぐ無料お試しで見ちゃいましょう!

\独占無料配信中/

※2週間以内の解約→0円